高い音が出ない!?カラオケでキー調整を使いこなす方法

自分に合ったキーを見つけて気持ちよく歌いたい!
今すぐキーを変えたいけどやり方が分からない!

こんなことをあなたは感じたことありませんか?
そんなあなたにぜひ読んで欲しい記事になります。

高音が苦しいけど、1オクターブ下では歌いたくない!と思う時、キーを調整したくなりますよね。ですが、自分に合ったキーはなかなか見つけづらいです。ここからは、カラオケでキーを調整するときに大事なポイントについて解説します。キーの調整が上手く出来ない人は一緒に見ていきましょう!

目次

キーとは

「キー」とは曲全体の音の高さのことです。例えば何人かで君が代を歌おうとする時、「せーの」で歌うとそれぞればらばらな音程になります。それはひとりひとりキーが違うから起こることです。

つまりキーを調整するとは曲をどの高さで歌うのかを決めることです

カラオケで歌う時に自分の声に合わせて高さを変えませんか。でも同じ曲なはずです。
あれは音楽的にいうと「曲のキーを変えている」ということになります。

自分の音域を知る方法

自分の音域とは、楽に声が出せる領域・自分に丁度いい領域のことです。
声をあらげたり、ひっくり返ったりする音域は、自分の音域の範囲を超えています。

自分の音域を知るために、まずは、基準となる「ド」の音を決めて声を出してみてください。

そこから「ド・シ・ラ・ソ・ファ・ミ・レ・ド」と音階を下げたり、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」と音階を上げたりしてみてください。
音階を上げる際は、声が裏返らないところまでに押さえましょう

このように声を出していき、1番低い声の音である最低音から1番高い声の音である最高音が自分の音域になります。

自分の音域を把握するために、ピアノを使ったり、録音したりするのも有効です。
その音域の中でムリなく声が出るところこそ、あなたの歌いやすいキーなのです。

カラオケの原曲キー・標準キーの違い

カラオケの画面を見ていると「原曲キー」「標準キー」という2つの表記がありますよね。
実は「原曲キー」と「標準キー」には大きな違いがあります。

「原曲キー」はダウンロードしたりCDを購入したりした際に私たちが聴いている、アーティスト音源のそのままのキーのことです。つまり、原曲キーは「プロが歌う音域と同じ原音」になります

「標準キー」は大多数の人が歌いやすいと想定され、設定されたキーになります。つまり、標準キーは「一般の人が無理なく出せる音域」に設定されています

基本的なポップスやボーカロイドの曲などのオリジナル音源のキーは、一般人が歌うとかなり高いことが多いです。そのため「標準キー」が設定されています。

カラオケでキーを調整する方法とポイント

ここまでで、キーを理解して自分の声の音域がわかりました。
ここからは、実際にキーを調整してみましょう。

カラオケのキーの調整は「±6~7」の範囲で行うことができます。
キーを1動かすごとに半音ずつ変わっていきます。

“+(#)1”で半音高くなり、“-(♭)1”で半音低くなるということです

このことを念頭に置いて、これからご紹介する目安をキー調整の参考にしてみてください。

カラオケキーを変える時の目安

同性の曲を歌う時

同性の曲で歌いづらい場合はまず「±2~3」にキーの設定をして、楽に歌えるかどうか確認してみましょう。
同性の曲でも原曲キーで歌うのが難しい場合は多いです。

男性ボーカルなのに女性のように高い楽曲を歌っているプロのシンガーもいます。
例えば、Official髭男dismやONE OK ROCKはその典型例ですよね。

「同性の曲だから自分もそのままのキーで歌えるだろう」という認識で歌いはじめたものの、最後まで歌いきれなかったということになってしまったら悲しいですよね。

キーを1(半音)ずつ変えてもそこまで変化はありません。
思い切って「±2~3」変えてみてください

異性の曲を歌う時

男性が女性の曲を歌う時は「+4」にキー変更しオク下(オクターブ下)で、
女性が男性の曲を歌う時は「-4」にキー変更しオク上(オクターブ上)で歌って様子をみましょう。

異性の曲でも歌ってみたくなりますよね。

設定を変更をすれば自分に合ったキーで、異性ボーカルの曲を歌うことが出来るようになります。

実際に歌ってみて上げる・下げるを調整していくと良いです。

キーを下げる時のポイントは?

狭い音域の曲を歌う

キーを変更することを恥ずかしいと思って躊躇する方もいるかもしれません。
しかし、実は、音域が狭い曲ではキー変更したかどうかがわかりづらくなります。

曲の雰囲気が変わって気になるという方は、原曲とのキーの差を少なくするために音域の狭い曲を選ぶといいでしょう

いくつかおすすめの音域が狭い曲を紹介するので、是非参考にしてください

男性歌手

天体観測 / BUMP OF CHICKEN

小さな恋の歌 / モンゴル800

チェリー / スピッツ

女性歌手

マリーゴールド / あいみょん

やさしさに包まれたなら / 松任谷由実

三日月 / 綾香

出来るだけ高いキーに合わせる

出来るだけ高いキーに合わせることは、自分のキーを見つける最短経路です。
カラオケは間違いなく高いキーの方が盛り上がります。

自分が出せるギリギリの高音に設定することで、勢いのある声が出せるので、その場の雰囲気が明るくなります。

場が盛り下がってきたときに、やってみましょう

ただ、あまりにも高すぎる設定だと、自分の喉を潰してしまうので気をつけてください。
あくまで「自分がムリせず出せる一番高い声」に合わせましょう。

何度も歌う

自分の音域に合った曲を探すには、さまざまな曲を試してたくさん歌うことが重要です。
アーティストのオリジナル音源をよく聞く人ほど、キーを変えたら対応しづらいと思います。

自分の声に合ったキーの設定がわかったら、あとはとにかくたくさん歌って慣れましょう

ヒトカラに行って練習するのが一番よいです。ヒトカラが難しい時はカラオケアプリを使用して自宅で口ずさみ、設定したキーのメロディに慣れるのもよいでしょう。

まとめ

曲ごとに自分に最適なキーを見つけることが出来れば、どんな曲も歌いこなすことが出来ます。カラオケのキーを合わせる方法は決して難しくはありません。

しかし、キーを変えた曲を自分のものにするには、ある程度の慣れと練習が必要

焦らずじっくり練習して、歌えなかった曲も歌いこなせるようになりましょう!

さらに歌に磨きをかけたいあなたへ

現在、個別指導で行われるオンライン専門ボイストレーニングサービスMarsyは、LINE公式アカウントから予約する形でサービスを提供しています。

 

全国でもトップレベルの音大出身の講師を揃え、オンライン専門だからこそ出来る低価格で高品質なサービスです。

 

質問や相談は無料です。ぜひご気軽に下のURLからご連絡ください!!

 

Marsy公式アカウントはコチラhttps://lin.ee/hckiZJh

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みなさん、こんばんは!音トレ編集部の花坂です。
オンラインボイトレMarsyを運営しています!Marsyでたくさんのお客様と触れ合って得た知見を活かしてユーザー目線の発信をします。よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる