高音も楽々!裏声を簡単に出すコツと練習方法

「地声じゃ歌いきれない。どうしよう!」
「裏声使ったら急に弱々しくなって困る!」

こんなことをあなたは感じたことありませんか?

そんなあなたにぜひ読んで欲しい記事になります。

地声だけで歌って喉を痛めてしまったり、無理して高音を出そうとして声がひっくり返ってしまう。返っちゃう。こんな時、「裏声(ファルセット)」をうまく使えたら良いのに!と思いますよね。歌を上達したい人の多くが、裏声について一度は悩んだことはあるはずです。

綺麗に自由自在に裏声を使いこなすことは、難しいですが、裏声自体はそれほど難しくはありません
本記事では、裏声を使いこなすコツと練習法を解説していきますので、早速見てみていきましょう。

目次

裏声と地声の違い

地声と裏声は全く異なる発声方法です。まずは、この違いを認識しないと、裏声を自由自在に使いこなすことは出来ません。

地声は、声帯が分厚い状態になることで、振動数が少ない音になります。一方、裏声は、声帯が薄い状態になることで、振動数が多いおとになります。

この説明では分かりにくいので、具体例で説明します。
例えば、自分が楽に出せる音域の発声で「ホー」と発音した時に、喉に力が入らない状態が地声です。
同じように、出すのが苦しいくらいの高い音域で、「ホー」と発音した時、喉に若干の力が入る感覚があると思います。これが裏声です。裏声を使う時、喉に力が入っているため、息をたくさん使わないと発声できないです。

この2つの発声法の違いを意識しながら練習することで、カラオケでも楽に裏声を出せるようになります

裏声の効果・メリット

裏声を鍛えるトレーニングの前に、裏声の習得がもたらす効果・メリットを紹介します。メリットを知って、トレーニングのモチベーションをあげていきましょう。

使える音域が増える

裏声が使えるようになるだけで、使える音域が大体1オクターブほど広がり、高音が多い曲でも難なく歌いこなせるようになります。

特に、男性の場合、元々の地声が低いので、裏声のおかげで歌えるようになる楽曲のバリュエーションはグンと増えます

喉が疲れにくい

裏声を使うと、喉が疲れにくくなります。

地声のまま、高音を無理矢理出そうとすると、首と喉に必要以上の力が入り、筋肉疲労で長時間歌うことは出来ませんないです。
ですが、裏声ベースの発声に変えると、首や喉にかかる力は大きく減るので、長時間歌を楽しむことが出来ます
また、地声で高音を歌うと喉を痛めやすいですが、裏声ならその心配もいりません。

ミックスボイスを習得しやすい

裏声でしか出せない高音域を地声のように力強く出すには、地声と裏声の中間的な声であるミックスボイスというテクニックが必要です。ミックスボイスを習得するには、裏声も地声と同じくらいの発声の強さが求められます。なので、裏声を鍛えることは、ミックスボイス習得のために非常に重要になります

裏声のコツ

それではいよいよ裏声を出すためのコツを解説していきます!

喉をリラックスさせる

裏声の発声に限らず、歌うときはリラックスしましょう。喉に力が入ったままカラオケで歌ってしまうと喉を痛めたり、声が出しにくくなったりします。

裏声の練習をしている時に、喉に痛みや違和感を感じるときは、喉に力が入っている可能性があるので、リラックスを心がけて歌ってみてください。

重心を低くする

続いて、裏声を出すコツとして、重心を低くすることがポイントにあげられます。

歌う時に、両足でしっかりと立ち、お腹の下からはっきりと発声するイメージで歌いましょう。
お腹から声を出すイメージを作ることで、力むことなく、綺麗に裏声を出せるので、練習では常に意識しましょう。

喉の開き方を変えてみる

裏声がうまくできない原因として、喉が十分に開いていない可能性があります。裏声を出せない人が裏声の練習をすると、緊張して、喉が締まってしまうことがよくあります。
練習の際に、意識的に喉を開きましょう。あくびをする時の喉の形を意識すると良いです。

しかし、いきなり喉を開くことができない人もいます。そんな人には、ウォーミングアップを入念に行うことをおすすめします。ウォーミングアップで体を温めたり、体を揺らして全身を脱力をするのが効果的です。

裏声の練習方法

それでは続いて裏声の練習方法をみていきましょう!

鼻歌練習

裏声の最初の練習としては鼻歌練習(ハミング)が効果的です。鼻歌とは、口を閉じたまま発声することで、鼻に抜けるような音が出すことです。

裏声がなかなか出せない方でも、鼻歌で徐々に高い音を出していくと、地声から裏声に変わる感覚が掴めると思います鼻歌で高音を出すときは、眉間あたりで音が反響しているイメージを持ちましょう。
このイメージは、実際に裏声を出している時の感覚に近いです。鼻歌練習はお風呂のようなリラックスできる場所でするのがおすすめです。

まずは鼻歌練習から始めてみましょう。

リップロール

リップロールも裏声を習得する上で効果的です。

リップロールは、息を吐きながら唇をブルブルと振動させて発声する練習方法です。うまくできない場合は、音を出さず唇を震わせることから始めましょう。または、口角を指で軽く持ち上げるとリップロールがしやすくなります。

リップロールをしている時は、喉はリラックス出来ているので、裏声の練習にピッタリです。腹式呼吸のクセもつくので、ぜひ試してみてください。

地声と裏声を交互に出す

裏声の練習中は裏声を出せるけど、曲の最中には裏声を出せない場合があります。その場合は、地声と裏声を交互に出して、地声と裏声の声帯の開き具合の違いを確かめましょう。

交互に出すのを繰り返すことで、声帯を上手く開いたり閉めたりできるようになるので、曲の中で裏声を出す感覚が掴めるようになります

裏声が綺麗な歌手の真似をする

裏声の上達に最も効果的なのは、裏声が綺麗な歌手のマネをすることです。裏声が上手い歌手の歌声を聞くと、息継ぎや音程の取り方などを感じることが出来ます。その歌手たちのそのままマネてみると裏声が急に出しやすくなったりします

ただ、プロの歌手は、独自の発声をしていて、裏声を綺麗にだす訓練をかなりしています。一般の方が無理矢理マネすると、喉を痛めてしまう場合もあるので要注意です。
そのため、まずは、自分の音域はどこまでなのかと、地声と裏声をどう使い分けているのかを把握しましょう。それらを把握した上でマネしてみましょう。

下記に、参考になる裏声が綺麗な歌手・曲をあげておくので、ぜひ見てください

『男性歌手』編

ロビンソン / スピッツ

奏 / スキマスイッチ 

白日 / King Gnu

『女性歌手』編

愛をこめて花束を /  Superfly

さくらんぼ / 大塚愛

夜に駆ける / YOASOBI

まとめ

以上、裏声と地声の違いから、裏声の練習方法まで解説させていただきました。裏声を出す上で特に意識して欲しいのは、「リラックスする・喉を開く・お腹から発声」の3点です

裏声を使えるようになると、使える音域が広がり、歌うことがさらに楽しくなってくるはずです。

歌が上達したい方はこの記事を参考にして、練習を積み重ねていきましょう。

さらに歌に磨きをかけたいあなたへ

現在、個別指導で行われるオンライン専門ボイストレーニングサービスMarsyは、LINE公式アカウントから予約する形でサービスを提供しています。

 

全国でもトップレベルの音大出身の講師を揃え、オンライン専門だからこそ出来る低価格で高品質なサービスです。

 

質問や相談は無料です。ぜひご気軽に下のURLからご連絡ください!!

 

Marsy公式アカウントはコチラhttps://lin.ee/hckiZJh

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

みなさん、こんばんは!音トレ編集部の花坂です。
オンラインボイトレMarsyを運営しています!Marsyでたくさんのお客様と触れ合って得た知見を活かしてユーザー目線の発信をします。よろしくお願いします。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる