【簡単】エッジボイスの出し方と効果的な練習方法まとめ

「エッジボイスとは?」
「エッジボイスが出来るようになると何が変わるの?」

この記事に到達したあなたはエッジボイスって聞いたことはあるけど、あまりよくわからない。
どうやったら出来るようになるのか知りたい。そんな方が多いと思います。

この記事では初心者向けにエッジボイスの説明、何に役立つのか、練習方法やコツまで紹介していきたいと思います。

ぜひこの記事を参考に実践で活かしてみてください!

目次

エッジボイスとは

エッジボイスとは、声帯を閉じて発声することです。

具体的には喉の奥で「あ” あ” あ” あ” あ”」とガラガラ声で声がかすかに出ているような状態。

これがエッジボイスが出来ている状態です。

こちらの動画が参考になります。

動画の最初にガラガラした声がありますがこれがエッジボイスです。

エッジボイス=「声帯を閉じる」と考えるとなぜエッジボイスが大事なのか、何をしているのか以下の内容がわかりやすくなると思うのでオススメです。

エッジボイスはなぜ練習に必要?

ボイストレーニングとしてのエッジボイスは声帯を閉じることの練習に使えます。

人は声帯を閉じ声帯に付いているひだを振動させることで声を出しています。

声帯を完全に閉じてしまうと声は出ませんが、声帯の閉じ具合により声の大きさや声そのものを調整することが出来ます。

具体的には、声を大きくしたり、音程を安定させたり、高音を出しやすくしたり、etc…

歌を歌う際のほぼすべてに影響していますよね。
したがって、声帯の閉じ具合をを自在に調整することは歌が上手くなることへ繋がります。

エッジボイスは声帯を意識的に閉じる練習に最適なので声帯の閉じ具合がわかり、歌が上手くなるためボイストレーニングでもよく使われているという訳です。

エッジボイスは実際どんな場面で使えるの?

上記でエッジボイスはボイストレーニングとして非常に有効だということがわかっていただけたと思います。

ただエッジボイスは練習としてオススメなだけでなく実際使う場面もあるのでそちらも紹介していきます!

ミックスボイスが出来る

エッジボイスとミックスボイスって全然違うイメージをお持ちの方が多いと思います。

ミックスボイスは地声と裏声の中間点と言われ、高音域を出すことが可能になる歌い方です。

高音が苦しくなく出せるためプロの方でも多くの方が使っています。

ミックスボイスは地声と裏声の中間点にある「喚声点」をスムーズにクリア出来るかが重要になります。

エッジボイスの声帯を自在に閉じるスキルが地声と裏声をスムーズに繋げて、綺麗なミックスボイスを出すことになるのです。

がなり声、シャウトへの応用

こちらはエッジボイスに近いイメージがあるので容易に想像が付くと思いますが、がなり声やシャウトとして実際使うことが出来ます。

ロックバンド系では非常に多様な場面で見られますが、がなり声、シャウトが使えるようになると表現の幅が一気に増えます。

プロの歌声に近づくことが出来るのでぜひ練習していきましょう!

エッジボイスが上手い歌手

実際多くのプロ歌手の間でもエッジボイスは使われているのですが、特にエッジボイスが上手い歌手を3人紹介します!

ONE OK ROCKのボーカルTAKA

エッジボイスと言えばこの人、ONE OK ROCKのボーカルTAKAさん!

ONE OK ROCKのボーカルTAKAさんは曲の随所にエッジボイスを絡めた歌い方をします。

多くの曲でエッジボイスを多用しているのでTAKAさんの曲の代名詞ともなっていますね。

平井 堅

平井堅さんはリラックスした歌い方が特徴的です。

冒頭からエッジボイスを組み合わせたり、曲中様々な部分でエッジボイスを用いています。

Aimer

Aimerさんは息もれ気味なハスキーな歌声が特徴的です。

Aimerの「蝶々結び」ではサビに入る手前でエッジボイスを入れています。

エッジボイスの出し方

それでは、ここまででエッジボイスとはどんなものなのか、わかって頂けたと思うので実際エッジボイスの出し方について解説していきます。

リラックスする

エッジボイスを出すには、リラックスすることが非常に重要です。

エッジボイスはガラガラとした声で発しているため、喉に力を入れる必要があると勘違いしてしまう人も多いです。
しかし、実は逆でリラックスしている状態でないとエッジボイスは出ません。

声帯に力が入ると適度な力加減で声帯をコントロールすることが難しく、声を出す時に声帯を痛めてしまう場合があります。

肩の力を抜き、リラックスした状態で準備しましょう。

息を止めたまま発声する

リラックスして喉の力が抜けたら、軽く息を止めてみましょう。

息を止めることで声帯を閉じることが出来ます。

ぐっと息を止めると喉に力が入ってしまいリラックス出来ていない状態になってしまうので軽く息を止めることが大切です。

この状態で軽く声を出してみましょう。

「あ” あ” あ”」という音が出ていたら成功です。

もし「あ” あ” あ”」という音が出ておらず空気が漏れた状態になっている場合は、声帯が上手く閉じれていません。

何度も練習してはっきりと音が出るようにしましょう。

声を少しずつ低くする

息を止めたままの発声で上手くエッジボイスが出なかった場合はもう一つ効果的な方法があります。

それは、声を少しずつ低くしてエッジボイスを出す方法です。

声を少しずつ低くしていくともうこれ以上低く出せないというポイントまで来ます。

そこで頑張って出そうとしてみてください。

「あ”・・あ”・・・あ”」という切れた音が出ると思います。これがエッジボイスです。

この音を自在に出せるようになるまで練習すると、エッジボイスが簡単に出せるようになります。

エッジボイスが出来ないときのコツ

もし上記の方法2つを試してみて、上手くエッジボイスが出来なかったという人は、以下の裏技も試してみてください。

朝起きてすぐ声を出す

朝起きてすぐは、声帯がむくんで分厚くなっており、声帯が閉じやすくなっているためエッジボイスを出しやすい時間です。

普段は出せない人でも、朝起きてすぐエッジボイスを試して見ると、エッジボイスが出せる場合があります。

朝起きてすぐエッジボイスを出して感覚を掴んだら、昼間でも出せるように練習してみましょう。

息を吸いながら出す

息を吐きながらだと難しいですが、吸いながらだと出来る人もいます。

ほとんど喉を閉じた状態でゆっくりと息を吸うことがコツです。

エッジボイスを用いた練習方法

ここまででエッジボイスは出せるようになったかなと思います。

ここからは、実際にエッジボイスを実用的なレベルにしたり、高い音やミックスボイスを出せるようにするためのエッジボイスを用いた練習方法について紹介していきます。

地声とエッジボイスを行き来する

エッジボイスが出せるようになったらまずは、エッジボイスから地声に戻す練習をしてみましょう。

「あ” あ” あ”」というエッジボイスから「あー」という普通の地声に戻す練習です。

エッジボイスは少ない息で出せていると思うので、それと同じくらい少ない息で徐々に「あー」という地声に戻していきましょう。

エッジボイスを出す練習と地声とエッジボイスを行き来する練習を交互に行うのもオススメです。

1音ずつ発声する

エッジボイスで流れるように「あ” あ” あ” あ” あ”」と出せるようになっているはずなので、1音ずつはっきりと「あ”・あ”・あ”・あ”・あ”」と出す練習をしてみましょう。

そもそもエッジボイスは、声帯を閉じる感覚を身につける練習です。

なので、エッジボイスを1音ずつ発声するという練習は、特に自分の声帯を把握し、調整するのにピッタリな方法です。

声帯が閉じている感覚を感じながら行うことが大切です。

裏声にエッジボイスを混ぜる

低い音でエッジボイスを出せてはいると思うので、エッジボイスを出したまま今度は少しずつ音程を上げていきます。

高音になるにつれてハミングするときと同じように鼻を震えさせ、鼻腔共鳴が出来ている状態を目指しましょう。

裏声に変な力が入ったりするとエッジボイスが途絶えたり、上手く出来なくなる場合があります。

最初は奇声を発したような声で周りに聞かせることが出来ないような状態だと思いますが、練習して綺麗に裏声にエッジボイスを加えて出せる状態を目指してください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

エッジボイスとは何か、どうやってエッジボイスを出すのか、エッジボイスを用いた練習方法まですべてわかって頂けたはずです。

エッジボイスはプロの歌手でも練習に多く用い、曲中で用いることで歌の表現力を上げるのにも使われている技なので、ぜひこの記事を参考に綺麗なエッジボイスを出せるように目指してみてください!

さらに歌に磨きをかけたいあなたへ

現在、個別指導で行われるオンライン専門ボイストレーニングサービスMarsyは、LINE公式アカウントから予約する形でサービスを提供しています。

 

全国でもトップレベルの音大出身の講師を揃え、オンライン専門だからこそ出来る低価格で高品質なサービスです。

 

質問や相談は無料です。ぜひご気軽に下のURLからご連絡ください!!

 

Marsy公式アカウントはコチラhttps://lin.ee/hckiZJh

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

音トレ編集部の中川です。
株式会社POLTAが提供するオンライン専門ボイストレーニングサービスMarsyで日々行われるレッスンを分析し、その知識・経験を音トレにも活かしていきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる